東京大学・先端科学技術研究センター・社会連携講座|群集マネジメント研究会|Crowd Management Research Center
~群集の安全とサービス向上に向けて~
研究会について

•人が多く集まる場所において、群集の安全な誘導や警備、また快適なサービス提供は極めて重要な課題であるが、それを包括的に議論する場はこれまで残念ながら我が国には無かったといえる。これは今後日本が超高齢化社会を迎える上でも最重要課題の一つである。
•そこで、このたび東京大学先端科学技術研究センターの西成研究室に産学連携の下、「群集マネジメント研究会」を設立し、群集マネジメントに関して我が国で中心となって先導するステイクホルダーが一堂に会して諸課題について議論する場を設ける。
•群集マネジメントに関しては、近年世界的に見ても学術的な研究が進展しており、その研究の知見と、現場での様々なノウハウの融合により新しい社会的価値を創造していく。
•研究会では、各ステイクホルダーの知見の共有会、また最新の関連学術研究の勉強会、現場の見学会などを通じて、産学連携・異業種コラボレーション・人材交流や人材育成などを進めていく。また、この成果をまとめ、シンポジウムを通じて広く社会へ提言すると共に、群集マネジメントのバイブルとなる本を出版する。